中国輸入における商品探しの考え方

商品リサーチについて

中国輸入における商品探しの考え方

 

管理人の鈴木です。

 

 

 

 

 

今回は中国輸入における商品探しの考え方について解説します。

 

いわゆる「商品リサーチ」というものですが、リサーチをする前の考え方の部分になります。

 

 

中国輸入は商品探しが命です。

 

私は過去に飲食店で働いてたことがありますが、飲食店は「立地が命」です。

どんないいメニューを作ろうが、店内を綺麗にしようが、立地が悪いとアウトです。

それこそ閉店ガラガラ・・・となります。

 

 

それと同じく中国輸入はどんなにいいページを作ろうが、綺麗なパッケージを作ろうが、そもそも需要がなければ話になりません。

 

そこを踏まえて探すようにしていきます。

 

 

とにもかくにも今売れている商品を参考に

※仕事中にゲーム

 

 

オリジナルブランド商品を作る場合、その手間や労力を考えると必ずヒットさせたいですよね?

やったけど売れない・・・ではやる気がでません。

 

では、どのような商品がいいのか?

 

ズバリ!今売れている商品です。

 

メインはAmazonで販売しますので、Amazonで今売れている商品を参考にしましょうということです。

 

 

自分には売りたい商品がある

こういった商品でブランドを作っていく

 

などという考え方は一旦置いておきます。

でないとやり方もわからないまま無駄に大量の在庫を抱えることになって、あとで後悔します。

 

 

自分の売りたいもの=世の中が求めているもの

は必ずしも一致しません。

 

 

というか、経験上ほとんど一致しません。

 

 

始めは初心者ですから、何事もマネからはじめます。

今Amazonでよく売れている商品を参考にそれをマネするところから始めましょう!

 

 

Amazonは男性客も女性客も年齢層もバランスよく購入者にいていますので、それほどトレンドに左右されにくく安定した商品は長く売り続けることができます。

 

 

 

後出しの後発組でも追い抜くことは十分可能

 

Amazonで販売する場合は、ヤフーやグーグルの検索順位のようにいわゆる「老舗」が必ずしも強いというわけではありません。

 

Amazonで強いのは「今売れている商品」であり、いわゆるベストセラー1位と表示されている商品をはじめランキング1~3位あたりが良く売れている商品になります。

 

 

ランキングとはAmazonの中でこのように表示されます。

 

 

 

これは車載用のスマホホルダーのランキングです。

需要が大きいカテゴリーになります。

 

パソコン画面で見ると分かりやすいですが、売れ筋ランキングをクリックするとこのように表示されます。

 

特によく売れているのはたいていランキング1~3位のあたりが多いです。

10位とかになると需要の多いカテゴリーなら大丈夫ですが、少しマイナーなカテゴリーになるとあまり売れていないケースがあります。

 

 

ランキング1位になると一日10個以上、多いときは一日100個とか売れます。

月間数100から多いときは1000個を超えてきます。

 

 

1個当たりの利益が1000円だったら1000個売れば100万円の利益になります。

ランキング1位はそれほど魅力的な位置ということです。

 

 

Amazonはあくまで古いから検索順位が上がるというわけではなく、売れているものが検索順位で優位に立ちます。

ですので後発でもいきなり1位は取れなくても2位3位を狙って一日数十個の販売、月間数百個の販売は初心者でも狙えます。

 

そうすることで1商品で月に数十万の利益が見えてきます。

 

 

Amazon売れ筋ランキングの見方

 

では実際にAmazonの売れ筋ランキングの見方について説明します。

 

まずAmazonで「スマホ 車載ホルダー」など検索します。

そこで商品を1つクリックします。

 

 

 

 

 

こういった商品画像がでてきますので、下の「ベストセラーを見る」をクリックすると表示されます。

 

 

 

 

 

 

ここのベストセラーを見るをクリックするとランキングが表示されます。

 

ただし、この場合「車&バイク」という大カテゴリーのランキングが表示されます。

 

 

Amazonでは

「車&バイク」という大カテゴリー

「カーアクセサリー」という中カテゴリー

「車載用品」という小カテゴリー

「車載ホルダー」という最小カテゴリー

 

という感じでカテゴリー内で絞り込みがされていきます。

大カテゴリーからさまざまなカテゴリーに枝分かれしていくイメージです。

 

 

したがって、車載ホルダーだけのランキングを見たい場合はここをクリックします。

 

 

 

すると先ほどの車載ホルダーだけのランキングが表示されます。

 

 

 

 

ちなみに例に出したスマホホルダーは

「車&バイク」という大カテゴリー内でもランキング3位です。

「家電&カメラ」→「携帯電話・スマートホン」カテゴリー内で21位です。

 

 

大カテゴリー内でランキング上位ということはとてもすごいことで、実際にかなりの数が売れています。

 

中国輸入でまず初めに狙うのは「最小カテゴリー」の1位~3位。

ここを意識して狙うようにしましょう。

 

 

ただし、1位の商品ですら一つ上のカテゴリー内のランキングが何万位とかという悪すぎる場合があります。

その場合はマイナーすぎて需要がそれほどないカテゴリーと判断されますので、やめておきましょう。

 

 

ちなみにランキング1位を取ると「ベストセラー」という表示が横につきます。

検索順位も優先的に表示されます。

ですので、1位を取るとかなりお客さんの目に留まりやすくなり、売れ行きがあがります。

 

商品の探し方のおおまかな考え方は今回は以上になります。

またこの内容をより詳しく突っ込んで解説していきます。

それでは!