中国輸入でAmazonFBAを利用するメリット

中国輸入ビジネスの基本

中国輸入でAmazonFBAに直送するメリットとデメリット

 

 

管理人の鈴木です。

 

 

今回は中国輸入でAmazonのFBAに直納するメリットとデメリットについてお伝えします。

 

 

 

AmazonFBAとは?

 

ちなみにAmazonFBAとは、

 

フルフィルメントByAmazonの略で、Amazonの配送センターに自社の商品を納品しAmazonが販売や発送を行ってくれるシステムです。

 

 

Amazon販売アカウントの大口出品契約をすれば月額数千円(5千円前後)で利用することができます。

 

 

Amazonの倉庫内に自社の商品を入れますので、長く保管すればその分保管料が、売れて行けばAmazonのスタッフが代わりに購入者に梱包発送をしてくれますので、販売手数料や発送手数料がかかります。

 

ですが、自社に大量の荷物を置いておかなくてもよく、売れたら自分で梱包や発送をしなくてよいので非常に便利なシステムです。

 

 

毎月数百個、数千個販売する中国輸入セラーはほとんどこのサービスを利用しています。

 

 

 

自社から毎回購入者に発送するのではなく、このようにまとめて一旦Amazonに納品しておきます。

 

 

Amazon以外で販売する際にはマルチチャネルを利用する

 

他にも便利なのが、マルチチャネルというサービスです。

 

このマルチチャネルというのは、例えば楽天やヤフーショッピングなどで同じ商品を出品していた場合、Amazonの倉庫にある商品を楽天やヤフーショッピングの購入者に送ることができます。

 

ほかにも友人の家や自分の家でもどこでも手数料を払えばAmazon倉庫にある自社の商品を送ってくれます。

 

オークションやフリマアプリなどで販売した場合にも使えます。

 

要するに自社の配送センターの役割も果たしてくれます。

 

 

また、通常Amazonで購入した場合はAmazonのロゴの入った箱で商品が届きますが、マルチチャネルを利用すると無地の段ボールに商品を入れて送ってくれます。

 

そうすることで、楽天ユーザーなどからのクレーム防ぐことができます。

 

 

※事前に電話かメールで指定倉庫の商品をマルチチャネルする場合に無地の段ボールにする申請がいります。

例えば堺の倉庫に納品している場合は、堺の倉庫からのマルチチャネルをすべて無地の段ボールにしてほしいことを事前に伝えておけばオッケーです。

 

 

→マルチチャネルサービスの公式サイト

 

 

他にもあるFBAのメリット

 

先ほども少し書きましたが、FBAのメリットとしてAmazonが販売してくれるという点。

 

これはAmazonのサイトで買い物をするときに見たことがあると思いますが、出品者によって送料無料Amazonが発送と記載のあるものと、送料がかかってくるものを見たことがあると思います。

 

 

 

この「Amazon配送センターより発送されます」と書いてあるのはすべてFBA利用者です。

 

 

 

Amazonが発送することで、お届け日が指定できたり翌日に商品が届いたりします。

 

 

またAmazonのサービスを利用できますので色々な支払い方法を選ぶことができます。

 

そして返品やクレーム対応もAmazonが行ってくれます。

 

 

このように手数料はかかりますが、FBA利用者はさまざまなメリットを受けることができます。

 

 

AmazonFBAを利用することで自社のスペースや時間を確保する

 

 

このようにAmazonFBAサービスというのは、

 

自社の倉庫

自社の配送センター

自社の決済業務

自社のクレーム対応

 

などさまざまな業務をかわりに行ってくれます。

 

 

そうすることで自社のスペースや時間を確保することができ、新しい商品を販売することに集中できます。

 

 

逆にFBAを利用するデメリットとしては、

 

手数料がかかる

商品に何かトラブルがあった場合すべて手元に戻す必要がある

 

くらいでしょうか?

 

 

メリットの方がはるかに上回りますので、アカウント作成の際は「大口出品アカウント」で作成することをおススメします。

 

 

では!